スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
考えてみる…
2010-11-09 Tue 10:49
久しぶりの連続UP
そして久しぶりの戦術について…

度々書いている事で休憩・リラックスタイムに出来る事は
イメージを持つ事や少ない動きの反復練習を取り上げます。

でもネ…
イメージしている動きは自分自身ですか
その打ち方・動き・スピードが他人のままでは…
反復練習も何かに注意していないと変なクセが付くだけ…

上記の事を注意していると戦術のイメージ・形を考えられない…
そこで…ヒントです

戦術を考える時には全てを忘れて
マズ相手がドコからドノ様に移動して、どんな体勢で返球するか
シングルスならソノ次の返球はドコが効果的なのか
ダブルスならパートナーの位置・動きに注意して…

コノ部分をシッカリと自分で考えると戦術は組み立て易いです
マタ、考えて打つ事のイメージも出来るのでネ

基本は一番遠い所・相手を動かす事が有効的なのですが、
フットワークの基本ポジションに戻る事を考えると
対角線上だけが効果的では無い場合もありますネ

自分自身が打つショットの安定性もココでイメージするとナオ
スピードは思っているよりユックリ目にしないと
良いイメージと考えがまとまらないので注意しないとネ

何事も全てを一気にしようとしても難しいです。
かと言って1つだけでは連動性が無いので自分の出来る範囲を模索しましょう

↓毎日・毎回の応援ポチリっとヨロシクです!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



FC2Blog Ranking

スポンサーサイト
別窓 | 戦術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
ショットのバリエーション…
2009-12-25 Fri 11:42
今日のテーマは、ひとつのショットのバリエーション…
コレだけでピンっときたらですネ

ひとつのショットとはクリアやスマッシュ・ネット・ロビング・ドライブ…
バドミントンには様々なショットがありますネ

今日はクリアについて…
遅くなりましたがカテゴリーは「戦術」です

基礎打ちの時に意識してみて下さい。
そしてゲームの中で使ってみましょう…

前置きが長くなりましたが、
ひとつのショットのバリエーションとは

クリアにはハイクリアとドリブンクリアがありますネ
まずはコレを上手く活用しているか
そしてストレートとクロスを使い分けているかですネ

基礎打ちの時には出来ていてもゲームで使えないと
そして使ってもソノ後の事を考えているのかも重要です。

コレだけで終わり…
イヤイヤ…少し技術的な事を…

大した事では無いのですが、上級者になれば
このひとつのショットの中にフェイントが入ります…

結構ミンナ相手の体を見て動く人が多いですから
ストレートを打つ体の使い方からドリブンクリアのクロスへのショットや
ジャンプしてタイミングをずらしたり…

ソノ中でドリブンクリアとハイクリアを使い分けています…
自分に時間が欲しい時はハイクリア…
攻められているけど、逆に相手を追い込む為のドリブンクリアなど…

ひとつのショットでも本当に様々な使い分けをしてゲームを作ります。
経験と言う言葉で済ますのでは無く、
考えて行動に移す事が一番です

だから体の仕組みと考える力で自分のモノにして
引き出しを増やしましょうネ

↓毎日の応援ポチリっとヨロシクです!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



FC2Blog Ranking

別窓 | 戦術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
狙い撃ち…
2009-12-13 Sun 08:00
今日のお題は狙い撃ち…
必ずと言うわけでは無いのでネ

子供達や初心者はバックハンドが苦手
中級者はスピードが苦手
上級者になるとコース・フェイントが勝負を左右します

でも上記はセオリーな部分。
そしてシングルスとダブルスでは違ってくる事があります

シングルスなら苦手な部分を攻める
ダブスルなら弱い方を攻める

これもセオリー中のセオリーです
じゃあセオリー通りにすればイイのか

答えはNO~です。
当然ながら相手も考えて警戒してます。
じゃあどうするの

セオリーの中にヒントが満載です
相手が警戒していると言う事は、裏返せば意識はソコにある。
ならばソコの対角線かソコ以外の部分は手薄になってます

ダブルスなら弱い方のカバーに来れば穴は広がります
セオリーはあってないようなモノ
だからと言ってセオリーを無視する事が良い訳では無いです

お題の様に「狙い撃ち」はイツでも通用する事じゃないです。
パターン・セオリーの中に色々混ぜての狙い撃ち
意識すれば出来ますし、練習の時・試合の時に考えるのではなく、
少しの時間や寝る前に少しでも考えると発見がありますヨ
狙い撃ちする過程を考えましょうネ

↓少々更新が遅れていますが、毎日の応援ポチリっとヨロシクお願いします!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



FC2Blog Ranking

別窓 | 戦術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
考えてみよう…
2009-12-01 Tue 10:29
今日は久々に戦術の事…
メインはダブルスについてなのですが、
シングルスにも関係すると言うかシングルスなら考えている事でしょう…
何なのか…

基本「居ない所に打て」ですよネ
時には居る所へ打ち込む事も必要ですけど…
シングルスでは特に考えながら打っていると思います。

じゃあダブルスの時はドウですか
ラリーポイントになってから速い展開、ドライブが中心になっていると思います。
その時の配球はドウなのでしょうか

カナリの確率でストレートが多いと思います…
ダメなのでは無いのですが、相手にとって楽をさせていませんか
レシーブ力が必要になりますが、常に相手を動かす様にすると
ミスショットが増えたり、甘い返球があったり、体力が無くなっていきますよネ

必ずしもクロス返球、クロスからストレートがイイ訳では無いですが、
考えてみると割合は増えてくると思います。

以前の記事にも書きましたが、
パートナーが打てば自分、自分が打っても自分から想像すると
コートに2人居るのだから交互に打てば自分達は体力を温存できますネ

学生は充分な体力があるので体力の心配は少ないですが、
配球を考える事で今迄の試合展開とバリエーションを増やす事が出来ます。

我慢が必要と言うモノの相手も様々なショットを使ってくるし、
攻める事が一番ですからネ…
攻めるにしても相手を崩してからだと決定率は上がります

モウ1つ上を行くなら角・サイド・間に打つ力も養わないとネ
練習を練習にしない事
基礎打ちもソウですネ
半面でもシッカリと狙った所へ打つ事を身に付ける事ですヨ

↓今日も応援ポチリっとヨロシクです!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



FC2Blog Ranking

別窓 | 戦術 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
オフェンス②…
2009-08-01 Sat 10:17
今日は突然ですが、戦術シリーズ第2弾…
オフェンスについて…

前回は後衛からのスマッシュについてでしたが、
今回はディフェンスからオフェンスと前衛のオフェンス

ダブルスはパートナーと、どれだけ協力出来るかがポイント
特にディフェンスからオフェンスに変えるには…
どの様にして切り替えるのか…

マズ、相手のスマッシュからの考察ですが、
私自身、アル程度パターンを決めています
ストレートでは、自分が動かなくて済む時はクロスへ返球…
(相手に足を使わせるタメに…)
自分自身が動く時は、ストレートに返球…
(ドライブやネット際でサイドライン際に…)

クロスに居る場合はホトンドの返球がストレート…
(出来る限りコートの角へ…)

両方に言える事は相手を動かす事と
その次か次に攻守の変更が出来る事を意識しています

モット詳しくは、ヒ・ミ・ツです

そして前衛におけるオフェンスですが、
前に入っているだけになっていませんか
前衛は抜かれても後衛が居ます(当然ですが…

だから前衛で構えるだけにならず、相手の返球と同時にアル程度のモーションをします
これだけで、今迄前衛がザルの人も一味変わりますヨ
リターンが厳しい時はどうするの?
どこに居ればイイのはヒ・ミ・ツ…

必ず正解がある訳では無いですが、
どのパターンにしてもアル程度決まる法則があります。
ダブルスなら、Nの法則と二等辺三角形の法則など…

その状況に応じた自分の引き出しをイッパイ持って
常に開けられる様にしておきましょうネ

↓今日も明日の応援ポチリっとヨロシクです!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



FC2Blog Ranking

別窓 | 戦術 | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
| jupiter ジュピター 滋賀県 バドミントン badminton | NEXT
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。