スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
チャレンジ⑬…
2008-06-12 Thu 16:42
イキナリですが、チャレンジです
以前に書かなくては…と思っていて忘れてました
今日からの練習などで試して戴きたい事…
ラケットの位置・振りです。
構える時はラケットは体の前にあると思いますが、
ソコからのラケットの出し方です。
常にシャトルへは自分から取りに行く様にします(待たない)が、
いざシャトルとラケットが当たる時どうなってますか
サーブの時にもありましたが、手首が先に行っていると飛びません
かなり前に「振り切る」と「振り回す」の違いを書きましたが、
手首が先に出ている人は後者の「振り回す」が多いです
まずはシッカリとラケットの先が相手コートに向く事が大事なのと、
ラケットの面がどうなっているのか
シッカリ奥まで飛ばす場合はシャトルに対してラケット面は垂直です。
短く前に返す場合はラケット面は同じですが、
ネットの帯の部分と平行になる様に面を作るとシッカリと入ります。
さ~て上級者がよく見せるスルドイ切り返しですが、一体どうしているのか
自分からシャトルを迎えに行くのは変りません…
むしろスマッシュをプッシュする気持ちです
それとココが大事
インパクトの瞬間、テニスや卓球のドライブの様にシャトルを上から押さえ込む様に打つ
基礎打ちでプッシュレシーブの時にやってみて下さい。
シッカリと上から押さえ込む様に打てば、低く速い返球が出来ます
特にバックハンドはやり易いので、一度試して下さい
速い羽根とトラエルのは難しいですが、
基本は全て自分の体より前でとる事です。
体の横や後ろだと返球できる所が限られてしまいます
是非、今日から試して自分の攻守切り替えのバリエーションを増やして下さいネ

↓←一日一回ポチリとヨロシク…
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



FC2Blog Ranking


スポンサーサイト
別窓 | チャレンジ | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<実践… | jupiter ジュピター 滋賀県 バドミントン badminton | jupiter…>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| jupiter ジュピター 滋賀県 バドミントン badminton |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。