スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
反響…
2008-10-17 Fri 11:46
昨日の「人を見る眼…」への書込みなどありがとうございます
大人も子供も良く見る所は羽根が多いのは事実です
今はビデオなどで撮影した後に見ても羽根を追う事が大半では???
それも1つですが、自分自身(子供)と相手を見る為には2回見る方法が
特に子供には解説しながら見ると悪い癖や良い所を説明したり、
相手のクセパターン・この体勢・打ち方ならココを注意などなど…
ダンダンと人を見る眼が養われます
自分自身は昔から相手のクセやスタイルを盗むのが好きでした
良い所はマネをして自分のモノにする事は非常に有効な事です。
しかし、いきなり世界のTOPを見る・見せてもダメダメですヨ
まずは身近な人を見て良い所を盗む
でも自分が今やるべき事はシッカリとしてからですよ。
盗むにしろ、基本がないとダメなのも一緒ですヨ…
それと…バドミントン用のノートに書き込んで意識する事が上達への道です

↓←今日もヨロシクです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



FC2Blog Ranking

スポンサーサイト
別窓 | バドミントン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<基礎打ち… | jupiter ジュピター 滋賀県 バドミントン badminton | 人を見る眼…>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| jupiter ジュピター 滋賀県 バドミントン badminton |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。