スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ゲームを作る…
2008-10-24 Fri 09:32
今日はチョット難しいかも…
ダブルスでもシングルスでもそうなのですが、
ゲームを作る・支配する…
子供達には解りにくい事だろうし、させるのも…
大人の方はヨ~ク考えて下さいネ
特にダブルス…
コートの中にはペアと相手と自分の4人が居ます。
狭いコート…でも広いコートです。
どうしてゲームを作る・支配するのか…
まずは自分からの事ですが、
様々に来る球をどうするのか
来る球に反応するだけでは、どうしても後手に回ってしまいます
かと言って先手必勝とはナカナカ厳しい…
その1つ前の配球に注意して下さい
相手にココへ打たすという球が出来れば、
左右に50%の割合がどちらかに80~90に出来る配球があります。
この球を出す事でゲームを作れるのです
参考に…相手が攻撃の時にセンターに浅い球は色々なコースが狙えますが、
浅くてもサイド一杯だとコースが絞られてきますネ。
必ず(100%)は無いですが、「打たれる」より「打たした」かどうかです。
これが出来てくるとゲームを支配し易くなります
もう1つ重要な事…
「諦めない」です。
スポーツとは、変な言い方ですが弱点を突いたりとイヤらしい事です。
(いじめたり・罵声をあびせたりじゃないですヨ)
自分がされて嫌なプレーは相手も嫌な事です。
(以前の「人を見る眼」にも少し係わってきますネ)
嫌なプレーとは、相手コート内に羽根が落ちない事…
どんな球も返って来るのは、厳しいですネ
諦めれば相手はにとっては有利です
ヨク見掛けるのが「キレイに返球」ですが、
私はいつも「必ず返球」が一番ですし、ヨク言ってます。
少し話が脱線しましたが、諦めず返球しているとゲームを支配し易くなります。
私が思う「ゲームの流れ」はココが出発点なのではないかと思います。
色々と意見はあると思いますが、参考にしてみて下さいネ

↓←ポチリ・ポチリと応援ヨロシクです。
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



FC2Blog Ranking

スポンサーサイト
別窓 | バドミントン | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<チャレンジ32… | jupiter ジュピター 滋賀県 バドミントン badminton | チョットした勇気…>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| jupiter ジュピター 滋賀県 バドミントン badminton |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。