スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
試合間近…
2009-06-02 Tue 11:28
6月に入ると様々な大会が…
Jr.は、ABCの予選、全小の予選、延びた春季大会…
中学生は、全中の予選…(3年生は負ければ中学生活最後の大会)
大人は県大会の予選、練習会、他市の大会…

ダンダン暑くなり、疲れもピークに達していると思います…
そして大会が近づいてくると練習内容はゲームが多くなります
練習とは言え、本番のツモリ(毎回ですけどネ)でやらないと
本番で出来る事は無いです…

その中で、試せるのも練習でやらないと本番ではムリ…
特に子供達は本番で別人28号になりやすい…
いかに1回の練習が大切なのかを考えて欲しいナ~

当然ながらゲームの練習をタクサンしている中で
ゲームが終われば儀式の様にアドバイスを聞きに来ます。

決して悪い事では無いのですが、
本来の意味…わかってます

まず、観てもらえる様なゲームをしないとネ
元気良く・大きな声で…
そして練習でした事、自分で考えている事をする…
練習のゲームだからこそやれるし、勝敗は気にしなくてイイ…

モット上を考えるなら、ゲームに入る前に監督・Coachに、
「ココ・コレに注意してやります」と言って入れば、
必ず監督・Coachは注意して観てくれるし、本人の意識も変わります

アドバイスを聞くにしても、出来ているか?や
コノ部分の修正も必要!と意味のあるアドバイスをモラエル…

何も言わず、いつもと一緒では、アドバイスも同じだし、
言ってくれなくなります…

最後に…
bonnyさんのブログにもありましたが、
アドバイス=助言…
ティーチ=教える…

監督・Coachは、助言を言っているのです…
助言を実行に移すかどうかは本人次第
教えてもらうのと助言の違いを理解すれば、
練習の内容・行動が変わりますヨ

バドミントンが出来ると言う事は、
良い環境に居るって事ですから好きなら考えてみましょう

↓最近、応援ポチリがサミシイです…毎日のポチリ、ヨロシクです!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



FC2Blog Ranking

スポンサーサイト
別窓 | バドミントン | コメント:1 | トラックバック:0 | top↑
<<質問?… | jupiter ジュピター 滋賀県 バドミントン badminton | チャレンジ58…>>
この記事のコメント
やる気=信用
中々、難しい内容ですね
事実・・・ やる気なんて、見えるようにすれば叩かれ
本人の意思とは違う感覚も、周りが感じる時もありますしね
正直、ある程度理解できるには、30歳前後が普通だと思います
それでは、ダメなのも分ってはいますが、割と分別は難しいですね
ゴルフの石川遼みたいな子も、世間にいると思えば
なおさらですしね(痛!)

ここからは、質問です~
今、教えている40代の方がいるのですが・・・
スマッシュ時のみ、スイングのテンポが変わります
症状としては、振りかぶって、スイングをスタートさせた時は、
良い感じのリズムなんですが、肩の上を過ぎる頃に急にスピードが上がります
よって・・・ フェイスが安定しないので、アウトになるくらい高かったり、スピードが安定しません
状況で厳しい時なら、まだ100歩譲って、許せるのですが
確実に決める時まで、その調子です

その後、彼のスイングリズムを見ていたのですが、
サーブでもインパクトの瞬間手前から、急にヒュっと早くなる
傾向にあります

そこでなんですが・・・
この場合、ゆっくりとスイングをしてと、表現するのが良いのでしょうか?
試合になると、忘れて同じ事を繰り返して、自滅するパターンを多々見かけます
本人も分っているのですが、練習だからと少し甘えている部分も見受けられる時があります

どうにか、試合中でも、本人が理解できる表現方法は無い物でしょうか?
もうこれは本人の問題だから、本人が気付くまで待つしかない内容でしょうか?

かなり難しい問題ですが、なにか良い知恵があれば、ぜひ!ご伝授の程を・・・ m(_ _)m
2009-06-02 Tue 11:50 | URL | akiyan #3fP8K/.I[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| jupiter ジュピター 滋賀県 バドミントン badminton |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。