スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
質問11…
2010-02-02 Tue 17:23
やっとですが質問戴いていた記事です
さてさて内容は…
「シャトルの回転数」です。

チョイと難問ですが…

スマッシュスピードはいつものスピードの6~7割で
スピードの落差がある場合と、無い場合では 感覚が違います
これを回転数によって、意図的に出来るとは思いますが
効果的な回転を加えるには、何を注意すれば良いでしょうか?

ズバリの答えは、シャトルとラケットの接点です…
そんな事は分っているって
実際、面を切るのとフラット状態での打球は違いますネ
それをヨリ効果的にするのはラケット面の角度です。
スマッシュとカットの違いですネ

回転を加えると相手コートで失速が大きい…
ナゼこの様な状態になるのか

バドミントンの羽根はボールを違いカーブやシュートの様な飛び方はしません。
唯一フォークボールかライジングの様な状態くらいです
そしてボールを違うのは回転が掛かればフォークボール
回転が少ないとライジング…
野球とは逆の法則になります。

しかしシャトルは羽根の植え付け方により、
ホボ・必ず回転して飛びます。
そして飛んでいる時に元の状態に復元しながら飛行します。

なのでどれだけ回転を加えるかで落差も出ます
結論としては回転を加えるにはラケットの面に注意です。

話はソレますが、シャトルの羽根の植え付け方は右利きがベースなんですヨ
だから左利きの人のカットショットは右利きのリバースよりスゴク利きます

回転によって落差が出るのと同時に
違いを早く感じるのはショット時の音ですネ
ココにも注意をするとイイと思います。
カットショットは「シュっ」と音がしますし、
面を作ったスマッシュは「ドン」「バコン」といった重い音がします。

希望する答えでは無いかも知れませんが、
参考にしてみて下さいネ

↓そろそろ頑張って更新して行きますので毎回・毎日の応援ポチリっとヨロシクです!
にほんブログ村 その他スポーツブログ バドミントンへ



FC2Blog Ranking

スポンサーサイト
別窓 | 質問~ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<必要な事… | jupiter ジュピター 滋賀県 バドミントン badminton | リンク先…>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010-02-09 Tue 20:48 | | #[ 内容変更] | top↑
道理で
右腕を痛めて左打ちしてます。
たしかに何気に打ったカットやドロップがストーンと落ちます。
やば!長すぎ!と思ったロングハイサービスやロブが
不思議とコートに収まってしまうのもそのせいでしょうか?

昔やってた卓球の応用で回転はガンガンかけられます。
強く回転をかけるコツは、ヒット寸前にごくごくわずかにタメて
そのタメで遅れた分を巻き返すかのように素早く擦ることです。
面を変えるのは打つ瞬間。ぎりぎりまで見せません。
クリアやスマッシュにはフラットに当てた瞬間に面を横に
ずらす(切る)方法もありますが、これは難しいかもしれません。
2010-02-06 Sat 19:56 | URL | やまとげるまん #-[ 内容変更] | top↑
やはり・・・
早速のお返事、ありがとうございます~
忙しい中、すみませんm(_ _)m

ラケットの面を変えるのは理解できます
実際、それ以外で回転を変えるのは、ちょっと難しいですしね~

後は、その面を打つ時の打ち方くらいですしね

また何かあれば、懲りずによろしくお願いします~
2010-02-04 Thu 08:26 | URL | akiyan #3fP8K/.I[ 内容変更] | top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| jupiter ジュピター 滋賀県 バドミントン badminton |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。